とりゐ味噌

とりゐ味噌便り

地域のシニアの皆さまの作品展示
                                                 

今月のとりゐ味噌展示ギャラリーは、地域のシニア世代の皆様が制作された様々なジャンルの作品を展示ご紹介しています。当店ご来店の折には、まごころ込めてお作りになられた力作の数々をぜひご覧下さいませ。

また、大阪市北区北老人福祉センター(通称:キタロー)では、
10月21日と22日の2日間、同センターに所属するサークル・同好会をはじめ、地域の老人クラブ、高齢者の皆さんが趣味として創作された最新の作品を保育園の園児たちの作品とともに展示致します。
こちらも年1回の貴重な機会となっておりますので、ぜひお出かけ下さいませ。今年度は新型コロナウィルス感染予防対策のため、ご来場に関し制限事項がございます。
詳細につきましては同センターのホームページ(上記センター名部分をクリック)をご参照、
又は06ー6352−7025までお問い合わせ下さいませ。☺
 
今月の展示のご案内
                                                 

今月のとりゐ味噌ギャラリーでは、ご来街いただきました皆様の安全・安心を願いまして、当社七代目が西国第二十九番札所・松尾寺 にていただいてまいりましたコロナウィルス感染防止祈願札を心安らぐ花火写真と共に展示しています。

各地自然災害も含めた全世界の昨今の状況は、傲慢な人間たちによって迷惑を被っている動植物や地球環境がまるで私たちに消え去って欲しいと願っているかのよう。
そういった意味ではコロナウィルスや自然の猛威を敵とみなし闘おうとする姿勢ではなく、我々人類に大切なことを気付かせ教えてくれる高貴な存在として、心からの愛や感謝の念を抱くことができた時、全ての災いが消え去ってくれるのかもしれません。

皆様どうかお大事にお過ごし下さいませ。☺
 
安心・安全なお味噌のちょい足し術
(8月3日 Facebook、インスタグラム、Twitter 掲載記事より。)

お味噌汁を作る際「ちょっと薄いかな?」と味見をした同じ器具で味噌のちょい足しをされる方、多いのでは?
これ、味噌容器中にカビや雑菌が繁殖する原因となり、とってもキケン!😵 そこで、、、

お出汁はいつもの分量より心持ち少なめにして、お味噌はいつもの感覚で投入。濃ければお水をちょい足しして調整しましょう。(足し水が多くなりすぎると美味しくなくなってしまうので、準備するお出汁の量の見極めに慣れることがポイントです!😀)
*ちなみに、、、写真で使用している味噌溶きグッズは、当社近くの古民家カフェkaicocafeさんで購入したもの。これ、かなりの優れもの、オススメです!👍
 
(3月7日 Facebook掲載記事より。)
                                              

大ベストセラー となった小林弘幸(順天堂大学教授)の著書<医者が考案した長生きみそ汁> 。 健康・長寿に加え、先日、新たにダイエット効果がテレビで紹介されたことで、とりゐ味噌にも、現在、問い合わせが集中しています。
 

すりおろし玉ねぎとりんご酢に合せる赤みそと白みそですが、とりゐ味噌の販売商品では、<豆赤だし>と<上白みそ>を推奨させていただいております。
 
【とりゐ味噌の公式Facebookページができました!
〜お得情報も随時、掲載中!】

                                                 

当トップページ中段の天神さんの梅鉢紋入りエンジ色のバナー部分(Facebookはこちら)をクリックいただければ、ページがご覧いただけます。期間限定のお得な割引きキャンペーン情報等も随時、掲載しておりますので、ぜひ<とりゐ味噌Facebookページ>に<いいね!👍>をお願い致します。
*インスタグラム、ツイッターも新登場!英文字@toriimisoで検索下さいませ。 💕
 
◆バックナンバー◆
 センターブログのバックナンバーをご覧になりたい方は、コチラをクリック!
 
【大阪市北区の職人さんたちが、とりゐ味噌の戦前の店舗を再現!】
 このたび、天満地区HOPEゾーン協議会事業の一環として、弊社ビル正面角に常設展示コーナー"しつらい空間"が誕生しました。

 第2次世界大戦で焼失した旧弊社店舗のイメージがこの空間に再現されています。
再現にあたっては地元大阪市北区の職人さんたちが<提灯><表具><畳>など、分野毎にその高度な職人技を注いでくださいました。

 なお、当ウェヴサイトの歴史とこだわりページ(店名の由来欄)ではこのたびの再現空間の元となった1903(明治36)年に大阪の天王寺で開催された日本初の万国博、第5回内国勧業博覧会に出展された、当時の店舗のミニチュア模型がご覧いただけます。