とりゐ味噌

とりゐ味噌便り

地域の高齢者の皆さんの力作展示中!
                                                 

今年も10月24、25日の2日間、大阪市立北老人福祉センター(通称:キタロー)にて、地域の高齢者の皆さんが趣味で創作された作品が一同に会する<平成30年度 趣味の作品展>が催されます。
そこで、とりゐ味噌ギャラリーでは、とりゐ味噌が独自に選んだ、昨年度趣味の作品展の展示作品をご紹介中!いずれも、とてもユニークかつアイデア満載の大変素晴らしい力作揃い。
皆様、ぜひこの機会にご覧になって、今年度作品展にも足をお運び下さいませ。
詳しくはこちらまで。
 
【とりゐ味噌の公式Facebookページができました!】
当トップページ中段の天神さんの梅鉢紋入りエンジ色のバナー部分(Facebookはこちら)をクリックすれば、ページがご覧いただけます。
 
◆バックナンバー◆
 センターブログのバックナンバーをご覧になりたい方は、コチラをクリック!
 
【森の中にいるような鳴き声を聴きにいらして...】
 先代壁時計が壊れて以来、長らく空席になっていた、弊社店頭の壁面に、このたび新たに鳩時計ならぬカッコー時計が登場しました。

 この素敵なスロベニア製の壁時計は、毎定時に美しい鳴き声を聴かせてくれます。

 皆さんも、まるで森の中にいるかのような愛らしい鳴き声をぜひ聴きにいらしてみませんか。


 
【大阪市北区の職人さんたちが、とりゐ味噌の戦前の店舗を再現!】
 このたび、天満地区HOPEゾーン協議会事業の一環として、弊社ビル正面角に常設展示コーナー"しつらい空間"が誕生しました。

 第2次世界大戦で焼失した旧弊社店舗のイメージがこの空間に再現されています。
再現にあたっては地元大阪市北区の職人さんたちが<提灯><表具><畳>など、分野毎にその高度な職人技を注いでくださいました。

 なお、当ウェヴサイトの歴史とこだわりページ(店名の由来欄)ではこのたびの再現空間の元となった1903(明治36)年に大阪の天王寺で開催された日本初の万国博、第5回内国勧業博覧会に出展された、当時の店舗のミニチュア模型がご覧いただけます。